セルフMBA

MBAの「論理的考え方」のスキル

セルフMBA
この記事は約5分で読めます。

ビジネスの基礎には「論理的に考える」というスキルが必須です。

ベースにあるのがロジカル・シンキングという論理的に考えるスキル。ロジカルシンキングに健全な批判的チェックを入れるのが、クリティカル・シンキングです。

ロジカルシンキング

ロジカルシンキングとは


ロジカル・シンキングとは考え方に筋道を通して、論理的に説明することです。
つまりは「なるほど〜!」と相手に理解してもらえるような説明ができる考え方。結論やその理由に対して、筋道を立てて根拠を明確にしていきます。

ロジカルシンキングの基本ポイント
①「明確な回答 yes/no」
②「なぜなら 他者が納得する理由」
③「根拠を加える」
④「バランス 思考の偏りがないか、見落としはないか」

以上の4点を意識すると論理的な思考を組み立てやすいです。論理的な思考は、スキルです。

多くのには、論理的な思考を展開するためのメカニズムが優しく書かれています。

参考書籍: MBAの超基本みるだけノート

初心者にもわかりやすく説明している「ロジカル・シンキング」本を紹介します。

クリティカル・シンキング

クリティカルシンキングとは


クリティカル・シンキングとは、論理的に考えた上で、その事柄を「健全に批判的にも考える」ことがクリティカル・シンキングです。
つまりは、本当にそうなの?なんで?それでいいの?という問を常に持ち続けることです。

また、クリティカル・シンキングのスキルを学ぶ際には、考え方だけでなく、事象や論理を構造化して他者との共有するためのスキルも学びます。

クリティカルシンキングの基本ポイント
①論理的、客観的、批判的に見れている
②事象が構造化できている(問題把握)
③論理が構造化できている(他者との共有)

変化の激しいこの時代、問題解決を高速に行う必要があります。論理的思考(ロジカル・シンキング)ができることに加え、客観的に、そして健全に批判的に考えれること、事実や論理を構造化し他者との問題把握や問題解決のポイントの共有のスキルであるクリティカル・シンキングが必要とされています。

✔︎ 多くの書籍では、クリティカルシンキングの基本的な考え方(姿勢)や事象や論理の構造化するためのプロセスがわかりやすく紹介されています。

✔︎ そして、クリティカルシンキングをベースに、様々なビジネスの出来事を使って体型的にどのように問題解決をしていくのかを学ぶのが、ビジネススクール(MBA)です。

参考書籍: MBAの超基本みるだけノート

初心者にもわかりやすく説明している「クリティカル・シンキング」本を紹介します。

まとめ:考えるためのスキルを学ぼう

ロジカルシンキングとクリティカルシンキングについての概要チェックポイントをお伝えしました。
多くのwebサイトでも様々な方向から説明がされていますので、説明の一つだと捉えていただければと思います。

ビジネス社会にいる上で、素早く円滑に問題解決企業の発展をしていくためには、これらの考え方のスキルは必須になります。ぜひ、気になる方は、勉強してみてください

MBAについて気になっている方へ

MBAに関してさまざまな情報をできるだけ、わかりやすく紹介しています。この記事が少しでもお役に立てたら幸いです。最後までご覧いただきありがとうございました。

【MBA受験】MBA受験について知りたい方はスペインMBA留学ナビ【姉妹サイト】
【予習に最適】MBAの授業内容をお見せします【セルフMBA】
【面白い!】ゲームでビジネスを体感してみよう【ビジネスゲーム】

セルフMBA
セルフMBA

MBAについて興味を持って、webで検索してみたけれど、いまいち難しい。簡単に説明してほしい!そんな方にMBAを紹介します。

タイトルとURLをコピーしました