MBAを知る

MBAって何を学ぶの?

MBAを知る
この記事は約2分で読めます。

MBAプログラムの目的

MBA(経営学修士号)を取れるビジネススクールのMBAプログラムの目的は、経営者や経営をサポートするビジネスのプロフェッショナルを作ること。

実際経営をするために、必要な知識、経営を継続させるための考え方、経営する起業を発展させる新しい技術、経営をする上で起こるかもしれない問題に対する対処方法や、問題を解決するための討論を何百という案件を模擬的に頭と体に入れていきます。

MBAプログラムでは、ビジネスの様々な専門家から基礎を学び、立場や人種の違うたくさんの人とビジネス学んでいきます。

通常経営者になると、自らの視点でビジネスの世界を見ますが、ビジネススクールでは、いろんな立場、いろんな視点、様々な人の考え方に触れることができます。

通常経営者になると、自らの視点でビジネスの世界を見ますが、ビジネススクールでは、いろんな立場、いろんな視点、様々な人の考え方に触れることができます。

  • MBAの目的は、経営者や経営をサポートするビジネスのプロフェッショナルを作ること

MBAプログラムでは何が学べるのか?

MBAプログラムは、「人」「もの」「お金」に関する知識と企業事例(ケースメゾット)を基本的には学びます。

基本的なプログラムは、組織や人事、リーダーシップ(組織の牽引)、マーケティング(販売戦略)、経営戦略、オペレーション(業務の遂行)、アカウンティング(会計)、ファイナンス(お金の流れの管理)などです。

その他のプログラムや詳しいプログラムは学校によって異なります。

   人やものやお金に関する知識とケースメゾットを勉強します。

  • 組織
  • 人事
  • リーダーシップ(組織の牽引)
  • マーケティング(販売戦略)
  • 経営戦略、オペレーション(業務の遂行)
  • アカウンティング(会計)
  • ファイナンス(お金の流れの管理)

MBAって言葉は聞いたことがありますが、一体何するの?何を学ぶの?等疑問がありました。MBAを目指していなければ、謎だらけの世界です。

タイトルとURLをコピーしました