MBAを知るMBA受験する

MBA受験はどんなもの?【MBAの超基礎】

MBAを知る
この記事は約5分で読めます。

こんにちは、セルフMBAです。
このサイトでは、初心者でもわかるMBAの超・基礎知識を紹介しています。

MBA受験て何をするんですか?大学受験みたいなもの?

以上のような、MBA受験とは?の疑問に丁寧にお答えします。

MBAに関することは、ネットでもたくさん。しかし、その情報は、MBAとは何かを知っている人やMBA取得を目指し行動している人たちに向けた情報がほとんど。専門用語も溢れています。なんだか、とても難しい世界に思えますよね。

そこで、この記事では、MBAについてなど基本的なMBAの概要やMBA取得者の声を元に、MBAとは何かを紹介します。

MBA受験を専門に紹介するサイトはこちら→

https://spain-mba.com/

MBA受験の概要

MBAを取るためにはビジネススクールの受験が必要です。ビジネススクールの受験とはどういうものなのかなど概要を簡単にお伝えできればと思います。

MBA受験のスケジュール

セルフMBA
セルフMBA

MBA受験は、国内MBAとMBA留学で受験スケジュールが大きく変わります。まずは、情報サイトなどで、受験期間、受験内容、入学時期などをチェックがおすすめです!

国内MBA
国内のビジネススクールの受験準備は学校によっても変わりますが、MBAに興味を持ち始めて大体1年間。受験対策は6ヶ月前ほどからスタートする方が多い様です。9月〜12月に出願し、4月にビジネススクールに入学します。
【MBAを知ろう】国内MBAの難易度は?(2021最新)

<MBA留学>
海外のビジネススクールの受験準備は、MBA取得を考え始めてから約2年間の受験生活と言われています。MBA留学の場合、出願書類と英語の各試験のスコアが揃った時点でビジネススクールに出願することが多い様です。入学時期は9月。学校によって、1月入学など学校のシステムに合わせて入学します。
MBA留学サイト「スペインMBA留学ナビ」(姉妹サイト)
【MBAを知ろう】MBA留学の難易度と日本人サイト

MBAを取得できるビジネススクール

セルフMBA
セルフMBA

MBAの学位を取得するには、MBAプログラムのあるビジネススクールに入学します。MBA取得の目的やライフスタイルによって受験するMBAスクールも変わってきます。

MBAを取得できるビジネススクールのプログラムのスタイルはさまざまです。国内なのか、海外に留学するのか、フルタイム(全日制)、休日制、夜間制、オンライン制などの受講スタイルを、ライフスタイルや、MBA取得の目的に合わせて学校を選びます。

【MBAを知ろう】ビジネススクールの学校の探し方
【MBAを知ろう】MBAランキングとは?(最新2021年)

ビジネススクールに合格するために予備校

セルフMBA
セルフMBA

ビジネススクールの予備校では無料で受験情報を得られるイベントなどもあります。個人ブログなどにも経験談が発信されていることもあります。

国内のビジネススクール、海外のビジネススクールどちらを受験するかによって、予備校も変わります。また、予備校によっても、得意な分野や手厚くサポートしてくれる部分、費用などが変わるため、自分に合った予備校を探すのも重要です

【予備校体験談】LINGO L.L.C受講体験記(姉妹サイト)
【予備校体験談】濱口塾の評判、メリットとデメリット(姉妹サイト)
【予備校体験談】アゴス・ジャパン無料最大活用法(姉妹サイト)

MBA受験の費用

セルフMBA
セルフMBA

MBA受験のための費用も、受験者によってさまざまですが、平均100〜150万円とも言われています。

大学入試や高校入試と同様に、MBAプログラムのあるビジネススクールを受験するためにも費用がかかります。また、MBA留学をする場合、英語能力を示すスコアを提出するため、IELTS又は TOEFLやGMATの試験を受ける必要があります。各試験にもそれぞれ受験費用が必要となります。

MBA体験談】受験費用は180万円超:内訳を公開!(姉妹サイト)
【MBA体験談】受験費用や留学費用のリアル(姉妹サイト)

MBA受験に必要なもの

MBA受験に必要なものがあります。受験には、出願するための書類が必要です。その他には、英語力、情報収集する行動力、家族のサポートです。特に、MBA留学のための受験は受験期間も長くなり、情報も少ないため、以上の3つはとても重要です。

受験資格と出願書類と試験

国内ビジネススクール
受験資格: 学歴(大卒以上(高卒でも個別の入学資格審査あり)、実務経験
出願書類: 志望理由書や研究計画書など
入学試験: 小論文、面接
*詳しくは各学校の入学試験情報や募集要項をご覧ください
海外ビジネススクール
受験資格: 学歴(大卒以上(または、同等と認められるもの)、実務経験
出願書類: 英語力スコア( IELTS(又は TOEFL)、GMAT )、推薦状、大学の成績、履歴書
入学試験: エッセー、面接
*詳しくは各学校の入学試験情報や募集要項をご覧ください

留学するなら英語力が必須

海外のビジネススクールの受験の場合、IELTS(又は TOEFL)、GMATのスコアが求められます。エッセー、インタビューももちろん英語で授業されることがほとんどです。MBA留学をすることになると、授業はもちろん、学生同士のコミュニケーションは英語となります。

MBA受験には情報収集が必須

大学を受験した学生時代とは違い、学校の情報、受験の方法、予備校の情報などは、自ら情報収集のために動く必要があります。そこで得たヒントは、受験生活に役に立つことが多い様です。

【MBA体験談】情報を制するものがMBA受験を制す!(姉妹サイト)
現状に合わせたMBA情報サイトの使い方【おすすめ方法】

受験期間には家族のサポートが必須

MBA受験をする多くは、20代後半から30代前半のビジネスパーソンです。この時期になると、結婚をし、子どものいる家庭も多いようです。MBA受験生活が始まると、勉強に割く時間作りが必要です。その時間が増える分、パートナーの育児や家事の負担が増えたり、子どもと遊ぶ時間が減ったり、受験費用など家族があるからこその影響も出てきます。

MBA受験は家族の時間作りや、受験者への投資を理解してくれるサポートがあるからこそ、合格への道が見えてきます。

MBA受験について気になる方へ

キャリアップや転職を考えMBA受験に興味を持っている方も、多くなっています。MBA留学の受験〜留学生活までを専門にしたサイトはこちらに

https://spain-mba.com/
タイトルとURLをコピーしました